FC2ブログ

冨田きよむさんの写真

  • 2010/04/18(日) 03:58:44

取材していただいた写真です。冨田さん、ありがとうございます。

0417_001.jpg 0417_002.jpg

0417_006.jpg 0417_008.jpg

0417_012.jpg 0417_016.jpg

写真

  • 2010/04/16(金) 06:06:35

御衣黄(ぎょいこう)の花の可憐さを、もっとはっきりと記録に残しておきたいので、夫に頼んだ。とうちゃんの写真です。

薬さま 4・16 御衣黄

4月とは思えないこの寒さに、今年の御衣黄も震えていることでしょうか・・。私が行ったときには、もっと黄緑色が濃かったようでしたが、日に日に変わる移ろいに花もまた・・。

今がチャンス。自分の目で確かめたい。この目に焼き付けておきたい、そんな思いがします。

スタッフ集合

  • 2010/02/09(火) 01:07:15

空の青さも仲間に入れて、折原果樹園のスタッフ集合です。おかげさまで、みんな9人元気です。ハイ!

  おkげ様でみんな元気です!

今日は、息子がこの写真を持って、青年農業者研究大会埼玉県大会に参加させてもらいます。春日部農林振興センターの先生方、SSK梨研究会の諸先輩の皆さんにお世話になり、この日を迎えました。ありがとうございます。

一方、折原果樹園では、春日部市立豊春中の1年生3人の生徒さんが、体験学習に来てくださいます。安全に気をつけていらしてください。お待ちしています。

皆さんの今日の予定はいかがですか?「2月は逃げてく」といわれるとか、毎日が早いですね。

花は紅

  • 2010/02/03(水) 08:56:39

路面は昨日の雪もほとんど消えているというのに、梨畑にはまだちらほらと雪が残る。解け始めた雪はぬかり、長靴にべっとりとくっつてくる。冷えと泥の重さに、しばらく辛抱せねばならない。

昨日の夫の写真から一枚。花は紅。
もうすぐ誕生日が来る。「何か欲しいものはあるか?」と、聞かれたことがない。なかったような気がする。が、「なにもいらないから、写真撮って欲しい」と、ねだることしばし。

0202d_kurenai.jpg

三好さんは、草木染めの魅力を語る。
「アスパラのゆで汁の緑がきれいだったので、何かに使えないかと染めてみた。きれいな色に仕上がったので、また、アスパラを買ってきて染めてみたけれど、二度と同じ色は出なかった。その時の草木の持つ勢いで、染めあがりがまったく違ったものに仕上がるからほんとに不思議!」

「草木染めは、基本的に茶色から黄色に染まる。鮮やかな色はあまり望めない。

昔は赤は貴重だった。紫はもっと貴重だった。紫は、紅花で染めた上に藍を重ねて作った。・・昔の人が美しい色を手に入れるのにはいろいろな偶然とそれを手に入れたいという願いがどこかで出会ってなされてきたことなのだろう」

花は紅。その時の気持ちが、微妙に好みの色に出てくるから不思議だ。
ちなみに、今日の服は何色ですか?何色で勝負します?!

うちのとうちゃん

  • 2010/02/02(火) 08:14:25

たくさん降ったとは言えないけれど、白く雪化粧した朝です。地面が所々で見える雪景色ですが、足元の滑ること、この上なしと、慎重に一歩一歩歩かねばなりません。大通りに出れば車も多いので雪は残っていませんが、奥に引っ込んだ家から約200m、そこまで出るのが一番の難点です。

今、夫は、子供たちを駅まで送りに出かけています。「雪だな、家には今雪道を走れる車はないぞ」と、昨晩から繰り返していました。でも、今朝になると、いつもの車で出かけて行きました。

カメラを片手に、一番うれしそうなのは、うちのとうちゃんであります。

息子が担当している幸水の畑0202

ところで、「初午」というと火の神様を大事にすることから「風呂のべ(風呂は休み)」と年寄りから言われています。雪の降る晩、我が家では、それぞれがペットボトル湯たんぽを抱えて布団に入りました。

「おい、かあさん、ちょっと見てくれ」と、朝からお尻を見せてくるとうちゃん。どうやら湯たんぽで低温やけどしたようです。お尻の右ほっぺが赤くなっています。ひりひり痛いんでしょうね。おいおい、・・すまなかったね。

とうちゃん、来年度、春日部梨組合の組合長を仰せつかることになりました。