FC2ブログ

親子クッキングコンテスト

  • 2008/12/10(水) 05:29:24

今年も見事に県大会で、特別賞をいただきました。連続入賞されたのは加須にお住まいのOさん親子さん。このママミィのご常連さんの若いお母さんと、小4の元気なB君です。

昨年に続き、折原果樹園の新興梨・柿・キウイを食材にご利用いただきました。ありがとうございました。埼玉県産のお米の粉を上手に使い、ピザやおなべの具など、さまざまなメニューへと活用。おいしそうです。お見事!(写真の写真を私が撮りました。アツアツのハートをお届けします・・写し方が下手でごめんなさい)

   あつ鍋クッキング~!

時間制限は1時間。グツグツと、いい具合でおなべが煮えてきたなと思いきや、思わぬハプニングが?!お鍋のふたがくっついて、とれなくなってしまったそうでした。

時間が迫ってきます。B君が奮闘してくれましたが、ふたはびくともしなかったようでした。
「私がやりましょう」と、見かねて声をかけて下さった方、どなただと思います?

   服部先生が、見かねて声をかけて下さいました

『食育(しょくいく)』で有名な服部(はっとり)先生です。

食育 ウィズガス
暮らしと食を身近にささえるガスを通じ、家庭での食の大切さや楽しさを伝える様々な食育の取り組みとして進められているの親子クッキングコンテスト。年々参加者も増えてきているそうです。前日まで風邪で体調が思わしくなかったB君、お母さんと一緒に大活躍でした。お疲れ様でした。

コンテストの結果が本にも紹介されました。本や写真を持って、報告に来て下さったOさんご一家、ありがとうございました。マスクをしたお父さんが、車の中でお待ちだったんですね。すみませんでした。その後風邪はいかがですか?お大事にしてください。

実りの秋、いろいろな収穫の喜びが寄せられました。今年もありがとうございました。

親子クッキングコンテスト

  • 2008/11/05(水) 05:20:12

地区大会を勝ち抜き、2年連続の県大会出場された加須のOさん親子。そして、今年も、「特別賞を頂きました」と、うれしい知らせです。おめでとうございます。

今年も折原果樹園の新興梨とキウイフルーツを使っていただきました。
梨たちも晴れの舞台に上り何と幸せなことか。Oさんありがとうございます。

   「梨のみずみずしさを撮りたい」と、とうちゃんの写真

「おはようございます。3日はだんな様にお世話になり、ありがとうございました。みち子さんにお預りしたキウィさんたち、しかと頂き昨日はクッキングコンテストにでかけてきました。

おかげさまで「団欒賞」という賞をいただき、服部先生と握手して帰ってきました。折原さんの梨の食感とキウィの彩りに驚いていらっしゃいました。本当にありがとうございました。

あっ!キウィと梨と柿、おいしかったです!口に入れた瞬間に「あっ折原さんちの味!」と感動してしまいました。農林祭りで試食なさってたお客様たちも、「シャキシャキしておいしいね」と言ってました。やっぱり、食べると違いがわかりますよね。あの服部先生も2年連続でおいしい!とほめてくださるんですものね。」
 

親子クッキングコンテスト

  • 2008/06/23(月) 23:55:26

6月19日は食育の日だったそうでした。ご存知でしたか?
今年も親子クッキングコンテストが開かれ、食育の日から申し込み受付が始まったそうです。

食育 ウィズガスを検索してください。

アルストロメリア

この知らせは、昨年第一回の親子クッキングコンテストに参加し、特別賞を受賞されたOさんから教えてもらいました。

管理栄養士をされているOさんと、男の子の参加者の中では最年少だったB君。
今年も早速申し込まれたそうです。

「せっかく服部先生が審査に来て下さるのだし、盛り上がったほうがガスやさんも喜ぶと思います。私たちは、去年おかげさまで賞を頂いているし、結果より家族で盛り上がるのが楽しみ」と太っ腹のOさん。

審査委員長はかの有名な服部幸應(はっとり ゆきお)先生です。
昨年は、埼玉県大会の審査に来てくださったそうでした。

親子で横に並んで料理をしながら、子供さんの意外な一面に気づいたり、面と向かっては言えないような話も、聞けるかもしれませんね。

親子のクキングコンテストで、特別賞受賞!

  • 2007/11/27(火) 06:24:45

うれしいことが続きます。親子のクッキングコンテストの県大会で、特別賞『いろどり賞』を頂いたそうです。


             いろどり賞を受賞しました


甘さ控えめの白いチーズケーキの上に、新興梨と、キウイフルーツが飾られ、果物本来の甘みといろどりを引きたててもらいました。梨もキウイも晴れの舞台に立ち、どれほどうれしかったことか。ありがとうございます。


「当日は審査員に服部幸應先生がいらっしゃいました。20年も前から、食育の大切さを良い続けられてた先生です。


コンテストでは、「おいしい果物ですね。」と褒められ、私も嬉しくなってしまいました。服部先生は少しの試食でも味の違いを感じてくださったようです。


「いろどり賞」なんていう素敵な賞をいただけたのも、折原さんのお陰です。

・・・折原さん家の果物さんたちにいただいた賞かもしれません。」


          チーズケーキのトッピングは全部うちのもの。



Oさん親子の仲のよさと、栄養士をされているお母さんのアイデアが、梨とキウイの味と彩を引き立ててくださいました。ありがとうございました。


埼玉テレビの取材も入ったそうです。テレビにも出演です。頑張りました。





梨を使って、クッキングコンテストで優秀賞受賞!

  • 2007/11/13(火) 20:46:36

 『ところで、ご報告です。(加須にお住まいのOさんから、うれしいメールを頂きました。)


先日親子クッキングで好評だったレシピを、ガス会社の主催する「全国親子クッキングコンテスト」に応募してみました。書類審査を通り、昨日埼玉県地区大会があり、息子(小三)と参加しました。


 なんと優秀賞をいただき、埼玉県大会に参加できることになりました。


 メニューの中で、特に梨と柿のチーズケーキは好評で、梨のデザートの斬新さと、触感のシャキシャキした感じが良かったと、講評をいただきました。


折原さんの育ててくださった梨と出逢えたおかげで、このような機会をいただくことができ、本当に感謝しています。大切に保存しておいた新興くんが、大活躍してくれました。

もぎとってからも元気においしさを保ってくれていた新興くんの魅力を新たに発見し、また参加者のみなさんにも知っていただいて、本当に楽しい一日になりました。えらいぞ!新興くん!ありがとう☆☆



 「ここにキウィが入ったらもっと色がきれいだったかも・・・」なんて考えていたところです。埼玉県産100%のメニューなので、彩りなど苦心していました。県大会は11月25日で、それまでにメニューを練らなければいけないので、・・・。』

    新高梨の葉っぱは黄色く色づきます



おめでとうございます。「まだ、梨があるの?」と思われる方も多いかと思います。梨・新興(しんこう)は、収穫してからも、とても日持ちの良い梨です。と、同じことを繰り返して言ってきました。が、この時期のクッキングコンテストで、優秀賞を頂くほど大活躍してくれたとは、なんとうれしいことでしょう。


新興梨に着目してくださったOさんご一家に、感謝感謝です。ありがとうございました。そして、県大会も、頑張ってください。梨畑から応援します。朝晩冷えてきましたので、くれぐれも体調管理には十分注意してください。


ps.県大会が終わったら写真を見せてくださいね。それまでは、「ナイショ!」と我慢します。