FC2ブログ

応援

  • 2010/01/11(月) 04:43:04

このはせる気持ちは何なんでしょうね?!ご一緒に、応援会場までいかがですか?だってね、東京新宿は人ヒトひと。迷子になりそうですもんね。もとい、迷い人になりそうです?でも、行きたかったんだよね。

着きました、新宿パークタワービル。こちら1階に東京ガスショールームがあります。親子クッキングコンテスト全国大会の会場です。さあ、入口を右に曲がりますね。

新宿パークタワービル  東京ガスショールームの入口

すでに、午後の部も始まっていて、調理室では7組の親子が料理の腕をふるっていました。
今回の親子クッキングコンテストには、全国から8200組の応募があったそうです。勝ち上がってきた代表の方々14組。ここに出場できることだけでも、見事なことで、「よくがんばりました」花丸!と、拍手を送ります。

窓越しの見学と応援をさせてもらいました。傍から聞こえてくる話が、関西の方のようだったり、「広島から・・」と、「ドキッ」としました。ほんとに全国区からの大会なんだと感じた次第です。

1時間のうちに、料理を完成させ、片付けるのだそうです。小さな子供さんもいて、皆さんそれぞれが自分の仕事分担があり、とっても楽しそうに見えました。

クッキングコンテストの会場内

われらが小熊(おぐま)さん親子は、角のテーブルでした。残念ながら私のカメラの腕では、写真を写すことができませんでした。公園会場の大型スクリーンに映された画像を紹介いたします。見てください、このごちそうを1時間で作って片付けるんですよ。すごいよね。こんな料理上手な人が家族にいたら、最高に幸せだよね。

小熊ひさえさんと、麦(ばく)君 『ぼくいけ麺(めん)?』

前日の晩にうどんの仕込みをして、当日うどんを延ばすのだそうです。うどんを延ばす担当は麦君。が、そのときに限って、「母さん、うどんのびないよ。ぼく、できない」と。さあ、ひさえ母さん、大ピンチ。

この大会の結果と、その時行われた基調講演も含め、折原果樹園のホームページにUPします。こうご期待ください。ひさえさんから、当日の大切なレシピも送っていただきました。

このママミィをご覧頂いている応援団の皆さんにも、小熊さん親子から、お礼のメールをいただいています。
皆さん、応援ありがとうございました。雨が降ってきたところで、これから書き込みますので、もうしばらくお待ちください。すみません。よろしくお願い致します。