FC2ブログ

子供のアライグマ

  • 2012/05/31(木) 05:17:46

「人生80年にして、初めて素手でアライグマを捕まえたよ」と、柿畑の奥からひょっこり顔を見せてきた家庭菜園のおじいさん。両手でしっかり子供のアライグマを握りしめていました。

1リットルの牛乳パックくらいの大きさでした。「4頭、竹林の巣と思われる所から飛び出してきた。かわいい顔をしているけれど、郷土資料館で昨日話を聞いてきたばかり。しっぽにしましまがあり、これはアライグマだとすぐにわかった」と、お爺さん興奮さめやりません。

今、アライグマの子育ての時期のようです。高齢化でひとの手のはいらな竹林は、絶好の住みかなのかもしれません。かわいいぬいぐるみのようなアライグマの子、手足のつめは長く、鋭いきばを持っていました。

梨畑のこんな近くにねぐらがあったとは・・。

♪朝5時、軽トラックの音。春日部4Hクラブの若いもんが集まり、畑仕事が始まりました。春日部市立立野小学校の生徒さんに、美味しい枝豆を届ける計画続行中のようです。

楽しみに待っている子供さんたちの顔がわかると、こんなに早起きもできるもんなんですね。がんばってますよ♪