FC2ブログ

お便りありがとうございます

  • 2013/12/23(月) 06:25:52

折原果樹園のキウイフルーツは、梨と共に日本一の味わいと香りを持っている。それは、つくっている家族の味わいでもある。今も親子四代(?)が畑にいる。3才の跡継ぎはすでに梨の木の下で耕耘機を押している。1才の次男坊は畑を這い回り,自分の手と足で土を耕している。

今年は,日本一のキウイを北海道をはじめ,沖縄に贈った。皆、そのキウイの驚異の味を伝えてくれた。

私は、キウイの驚異の味の反応を聞き、自分なりの名前をつけた。「毬熨果実」(キウイフルーツ)。毬の求は皮衣(かわごろも)で丸い「たま」。つまり、円い果実のこと。毬は周りに毛の生えた円い果実。熨は火を加えてしわを伸ばすこと(ひのし)。つまり、思い入れの温かい心で癖を取り去ること。また、熨しはのし紙・のし袋の「熨し」で「相手(食べる人)に敬意を込める」ということ。この果樹園のキウイの芯が柔らかいのは、キウイを追熟庫に入れて一手間かける「敬意」のことだったのである。敬意の芯が通っている。これが、折原果樹園に存在する驚異のキウイフルーツなのである。

この折原農園学校からは教わることが多い。今日もこの学校の高い天井には雲が流れ,鳥が飛び,屋根のない土の教室では、幼児も土を耕す。希望への時間が流れ、寄り来る人の心を耕す。ありがとうございました。(餓太毛虫)

先生、このうえなしのお便りをありがとうございます。出荷の終わった今、十分にお客様へのご希望に添えないことも多かったこと、台風の被害等、いろいろ考えることばかりです。

そして寒い冬本番、畑へ出て剪定作業が待っています。先生のお便りでたくさんの元気をいただき、お客様が待っててくださる!と背筋を伸ばして畑へ向かうことができます。ありがとうございます。