高校生のインターンシップ

  • 2016/10/02(日) 08:17:41

若い女の子の楽しそうで、甲高い話声、どんなことを話しているのか聞き耳を立てたことがありますか?

毎年この時期インターンシップに来てくれるのは、埼玉県立杉戸農業高校の一年生の生徒さんです。今年もまたびっくりするような驚きがありました。

枝豆をさやから外す作業中のこと。ワイワイガヤガヤ賑やかです。が、「手が止まってるよ」「段取り良くするのに、それこっちかして」とか、ちゃんと仕事の手順を考えて、工夫しながらの作業です。

ややもすると大人の世界では反感をかうかもしれないような率直な言葉がバンバン飛び交っていました。それでも、雰囲気が悪くなるわけでもなく、指摘されたことを素直に受け入れ、素直さに直していく、今年の皆さんはすごいなと感心しました。

 高校生のインターンシップ

自分の感じたことを素直にいえる事、大事にしてくださいと言いました。そして私たち大人は若い人たちの芽を摘むことなく、のびのびと伸ばしてやるには、どんなことに気をつけたらいいのかな?と考えます。

作業中、もう少しで片付きそうでも定時の終了時間になってしまったとき、どうしますか?
「もう少しなんで、最後までやらせてください」と、全部終了してからの帰宅。朗らかな笑い声弾む一週間でした。高校生のみなさん、お疲れ様でした。夢の実現に向かって、頑張ってください。畑から応援しています。ありがとうございました。