種なしブドウ

  • 2008/06/07(土) 05:38:15

ブドウ畑にいます。巨峰を種なしにするために、2回、ホルモン処理をします。(ジベレリン処理)
遅咲きの花を確認しながら、始めのジベ処理を終了しました。(ジベレリンを短くして、ジベと言っています)

5日、ブログで書きましたが、花の咲き具合の見極めが難しいところです。
1回目のジベ処理→早過ぎたとき・・粒が大きくならずに、ビー玉位の大きさにしかならなかった。
          →遅すぎたとき・・種が残ってしまう。

息子から聞いた話です。大学の種なしブドウを買われたお客様から問い合わせを頂いたそうです。

「種なしだと思ったら、種があたんですよ。これって、新しい品種のブドウですか?
私は、この第一発見者ですか?第一発見者には何か、・・・」

常に前向きなお客様に、大学の先生方は何と返答されたのでしょうね。

肥料の撒く時期や量を考慮しながら、花の時期を揃えて仕事の能率を上げることは、ブドウ屋さんの腕の見せどころのようです。梅雨に入って天候にも左右され、大変です。

  1回目のジベ処理

超ー遅咲きの私の次男坊。相変わらず朝が苦手です。朝起こすので一苦労。また、肝心なことを話してくれません。「この子は全く、何を考えているんだろう」と思うことしばし。

親に言いにくいことも、姉ちゃんには相談しているようなので、代わりに姉ちゃんに様子を聞きます。「大丈夫! ホントに困った時には自分で語り出すから」と姉ちゃん。経験者は語る?!